<< 一覧に戻る

特集 地域包括ケアと在宅医療

地域包括ケアにおける診療所の役割 ②地域の障害者を支える

中村泰之

Pharma Medica Vol.37 No.11, 19-22, 2019

われわれの診療所は,在宅24時間支援診療所として主に成人・高齢者の在宅医療を担ってきた。そんななか,地域での小児から成人までの障害のある者(児)への関わりの薄さに,地域医療医として少しでも力になれないものかと考えていた。内閣府の平成30年版障害者白書(図1)には,在宅の身体障害者は428万7千人に達し,そのなかでも在宅身体障害者の65歳以上の割合の推移をみると,1970年には3割程度だったものが,2016年には7割程度まで上昇していると報告がある1)
われわれが,どのようにこの地域でこの課題に対処していけるかについて,現在の取り組み状況と今後の取り組みについて報告する(写真1)。
「KEY WORDS」医療と児童福祉,全世代型地域包括支援センター,医療福祉複合施設,小児在宅

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る