<< 一覧に戻る

特集 地域包括ケアと在宅医療

地域包括ケアにおける診療所の役割 ①高齢者の社会参加を支える

花戸貴司

Pharma Medica Vol.37 No.11, 15-18, 2019

東近江市永源寺地域は,滋賀県南東部に位置し,三重県との県境に接する山間農村地域である。地域の人口は5,400人,高齢化率は35%を超え,集落によっては50~80%と高齢化率の高い地区もある。ここ永源寺地域にある数少ない医療機関の1つが,東近江市永源寺診療所である。この地域の医療資源は限られており,入院できる施設はなく,デイサービスやショートステイを提供する介護施設はあるものの,訪問看護ステーションやリハビリ施設はない。そのような医療介護資源の乏しい地域であるが,年老いても地域での生活を続けたいと希望される方は多い。われわれは医療・介護資源の少ないこの永源寺地域でも,この地域に適した地域包括ケアを進めるため,さまざまな取り組みを行ってきた。高齢化率が全国平均よりも10年以上も先を行くこの地域での取り組み,そしてそれを支える多職種と地域のつながりを紹介し,今後の地域包括ケアの可能性について考察する。
「KEY WORDS」三方よし研究会,チーム永源寺,地域まるごとケア

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る