<< 一覧に戻る

特集 地域包括ケアと在宅医療

特集にあたって

山田隆司

Pharma Medica Vol.37 No.11, 7, 2019

最先端医療の普及や充実した医療制度の恩恵を受けて他国に例をみない超高齢社会を実現したわが国では,今や人生の終末期の課題を検討する時代になってきた。いかに寿命を延ばしてもそれにつれて疾病や障害が増えるのは自明の理であって,終末期に向かって不自由を抱えることになるのは誰しも避けられない。
人は単に健康であることを希求したり,疾病や障害の状態を忌避したりするのでなく,場合によって疾病や障害を受け入れ,家族や地域のなかで助け合う工夫が必要になってきた。まさに地域包括ケアが必要な時代になったのである。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る