<< 一覧に戻る

特集 婦人科腫瘍の新たな治療戦略

特集にあたって

青木大輔

Pharma Medica Vol.37 No.2, 7, 2019

婦人科腫瘍の治療領域においては,薬物療法においても,手術療法においても臨床研究が定着し,それらの結果がすべからく公表されて共有できる仕組みが確立されている。しかしながら,個人個人がそれらを網羅的に把握することは容易ではない。そこで今回,婦人科腫瘍の各部位において最新と思われる治療戦略として公表されているものを特集し,俯瞰的に眺められる一冊とすることを目的とした。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る