<< 一覧に戻る

特集 変形性関節症診療の新たな展開

変形性関節症(膝関節)のガイドライン

石黒直樹

Pharma Medica Vol.35 No.6, 23-28, 2017

日本整形外科学会変形性膝関節症診療ガイドライン策定委員会(以下,日整会膝OA診療ガイドライン策定委員会)によりOsteoarthritis Research Society International(OARSI)治療ガイドライン1)を基に日本の診療実態に適合させ,日本版として流布しているものがいわゆる変形性膝関節症(膝OA)ガイドラインである2)。
OARSIガイドライン策定では,文献を体系的にレビューしている3)。文献評価では,全般的にエビデンスの質はよいといえない点,コンセンサス的な勧告でも,エビデンスによって裏付けられていない点が問題となった。そこで,OARSIガイドライン策定委員会を構成するエキスパートの経験,専門知識の評価も反映した複合的ガイドラインの体裁となった。
「key words」変形性膝関節症,薬物療法,非薬物療法

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る