<< 一覧に戻る

特集 胃癌:低侵襲治療と集学的治療の個別化へ向けて

胃癌に対する開腹手術と集学的治療

佐野武

Pharma Medica Vol.35 No.5, 29-32, 2017

早期胃癌に対する腹腔鏡下手術が着実に普及する一方で,進行胃癌に対する開腹手術の大規模臨床試験の結果が出揃ってきた。また新規薬剤による術前・術後の補助療法への期待が高まり,胃癌の集学的治療の標準化に向けて臨床試験が進みつつある。本章では,主として進行胃癌に対する手術と集学的治療について述べる。
「key words」進行胃癌,開腹手術,臨床試験,補助化学療法

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る