<< 一覧に戻る

特集 パーキンソン病診療update

パーキンソン病のバイオマーカー(生化学的バイオマーカー)

Biochemical biomarkers for Parkinson's disease.

徳田隆彦

Pharma Medica Vol.33 No.7, 31-35, 2015

「はじめに:パーキンソン病における診断バイオマーカーの意義」パーキンソン病(Parkinson's disease;PD)の診断は,通常はその特徴的な臨床症状の組み合わせ,画像診断による鑑別診断およびlevodopaに対する反応性の判定により行われているが,発症早期の診断はしばしば難しく,その病理変化を反映する診断バイオマーカー(BM)および病態の進展(重症度)を反映するようなサロゲートマーカーの開発が求められている。また,運動症状出現時には黒質線条体系のドパミンニューロンがすでに50%に減少していることが知られており,さらに,PD患者脳におけるαシヌクレイン(αS)の異常蓄積は,運動障害の出現以前(premotor phase)に始まっていることが明らかにされている。このようなpremotor phaseを診断できるBMが開発されれば,PDの発症前診断とより早期の治療的介入も可能になると考えられ,臨床的な意義は大きい。
「KEY WORDS」パーキンソン病,生化学的バイオマーカー,αシヌクレイン,オリゴマー,脳脊髄液

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る