<< 一覧に戻る

肥満をめぐる最近の話題

特集にあたって

齋藤康

Pharma Medica Vol.30 No.1, 7, 2012

 肥満という体形を表す表現から肥満症という病態を表現する,いわゆる疾患として捉えられるようになってから,体内に脂肪が過剰に蓄積する状態についてさまざまな視点から研究がなされている。それらの研究成果から,生体の調節機序や病気の考え方にもいろいろな変化が生まれている。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る