<< 一覧に戻る

臓器移植をめぐる最近の話題;臓器移植法改正後の展開

血液型不適合肝移植の長期成績と最近の進歩

吉澤淳上本伸二

Pharma Medica Vol.29 No.11, 37-41, 2011

はじめに
 臓器移植において,血液型不適合移植は抗体関連型拒絶反応によるグラフト不全の危険があるため,一般的に禁忌とされてきた。一方,生体ドナーからの移植が発達してきたわが国では,臓器提供の申し出があったドナーの血液型が不適合とならざるを得ない可能性は十分にあり,血液型不適合の生体ドナーからの臓器移植が施行されてきた。腎臓移植においては,術前の血漿交換または二重濾過血漿分離交換法による抗体除去および脾臓摘出などの脱感作療法を実施し,グラフトの長期生着に成功し,現在では血液型不適合腎移植は生体腎移植の1つのオプションとなっている1)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る