<< 一覧に戻る

関節リウマチ治療の最前線;現状と展望

4剤の生物学的製剤をどう使い分けるか?

亀田秀人竹内勤

Pharma Medica Vol.28 No.3, 33-37, 2010

「はじめに」関節リウマチ(RA)の治療で最も重要なことは予後予測である. これは機能予後と生命予後を含み, 現時点での身体機能評価, 病型(関節外症状や自己抗体のプロファイル), 疾患活動性(診察や血液検査でリアルタイムに評価したもの, およびX線画像で後ろ向きに評価したもの)がその判断根拠となろう1). 生物学的製剤として腫瘍壊死因子(TNF)を標的とした製剤では, 欧米より数年遅れて2003年にわが国でインフリキシマブが承認されて以来, 2005年にエタネルセプト, 2008年にはアダリムマブが市販された. 一方, インターロイキン(IL)-6を標的とした製剤は大阪大学を中心に開発が進められて2008年に世界に先駆けてRAに承認され, 欧米では2010年にようやく承認された. RA患者にとって, 治療の選択肢が増えるのは大いに歓迎すべきことであり, 今後さらにTNFを標的とした2製剤(ゴリムマブとセルトリズマブ)の他, T細胞やB細胞を標的とした生物学的製剤も市販されると, 合併症などを考慮したテーラーメードの薬剤選択がさらに前進するであろう.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る