<< 一覧に戻る

睡眠障害をめぐって

眠気・不眠の評価法

宮本雅之宮本智之

Pharma Medica Vol.27 No.7, 27-32, 2009

「はじめに」睡眠障害の主症状に眠気と不眠がある. これらを評価する方法には, 質問紙により被検者が主観的に自己評価する方法と脳波, 眼球運動, 筋電図など生理学的指標を用いて客観的に評価する方法がある. 本稿では, 日常診療で繁用される質問紙法と睡眠ポリグラフ検査法を中心に概説する. 「I. 質問紙法」「1. 眠気の評価法」眠気の評価に幅広く用いられるのは, エップワース眠気尺度1), Visual analog Scale2), SSS(Stanford Sleepiness Scale)3)などがある. 「1)エップワース眠気尺度(Epworth Sleepiness Scale;ESS)」Johnsにより開発された眠気尺度で, 日常生活における活動のなかで経験する眠気について, 8つの具体的な状況設定を行い, 眠気の重症度を評価する自記式尺度である1). 8つの各項目の得点は0~3点で示され, 8項目の得点の単純加算により総得点を求める.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る