やぶ医者診断ロゴ

やぶ医者診断ロゴ

若林 秀隆 先生

やぶ医者診断テーマアイコンテーマ

サルコペニア

若林 秀隆 先生

横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科 講師

若林 秀隆 先生

やぶ医者診断テーマアイコンテーマサルコペニア

若林 秀隆 先生

横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科 講師

サルコペニアとは、進行性、全身性に生じる骨格筋疾患で転倒、骨折、身体障害および死亡率といった有害な転帰の可能性増加と関連します。フレイルの重要な原因の1つであり、健康寿命の延伸には、予防、早期発見、早期介入が重要です。2017年に「サルコペニア診療ガイドライン」が作成されました。
私見ですが、寝たきりや摂食嚥下障害の三大原因疾患は、認知症、脳卒中、サルコペニアと考えます。これらの疾患のうち、最も対策が遅れているのがサルコペニアです。サルコペニアの原因(加齢、活動、栄養、疾患)に見合った適切な対応、つまりリハビリテーション栄養を行うことが、サルコペニアの予防と治療に有用です。

診断一覧

第1回 健康寿命

1

健康寿命

津下 一代 先生

あいち健康の森健康科学総合センター センター長

第2回 インフルエンザ

2

インフルエンザ

河合 直樹 先生

河合内科医院 院長/日本臨床内科医会インフルエンザ研究班 班長

第3回 在宅医療

3

在宅医療

太田 秀樹 先生

医療法人アスムス 理事長/全国在宅療養支援診療所連絡会 事務局長

第4回 緩和ケア

4

緩和ケア

村井 美代 先生

藤田医科大学医学部外科・緩和医療学講座 講師

第6回 花粉症

6

花粉症

岡本 美孝 先生

千葉大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学 教授

第7回 フレイル

7

フレイル

飯島 勝矢 先生

東京大学高齢社会総合研究機構 教授

第8回 ヒートショック

8

ヒートショック

髙橋 利之 先生

たかはしハートクリニック 院長

第9回 認知行動療法

9

認知行動療法

大野 裕 先生

一般社団法人認知行動療法研修開発センター 理事長/ストレスマネジメントネットワーク 代表

第10回 高齢者の糖尿病ケア

10

高齢者の糖尿病ケア

荒木 厚 先生

東京都健康長寿医療センター 副院長

もっと見る