« バックナンバーへ戻る

脳と循環2012年1月号(Vol.17 No.1)

脳と循環

2012年1月号(Vol.17 No.1)

【特集 頸動脈治療の新たな展開】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○座談会
 「頸動脈治療の新たな展開」
 司会・山田和雄/ゲスト・峰松一夫/岡田芳和/坂井信幸/伊苅裕二
○特集
1.頸動脈プラーク放射線診断の進歩/渡邊祐司 ほか
2.頸動脈超音波診断の進歩/神吉秀明 ほか
3.頸動脈狭窄に対する内科的治療の進歩/脇坂義信 ほか
4.最近の頸動脈狭窄に関する大規模試験結果の解釈―外科の立場より/戸井宏行 ほか
5.最近の頸動脈狭窄に関する大規模試験結果の解釈―血管内治療の立場より/早川幹人 ほか

【連載】

1.脳循環障害と病理
「頭蓋内主要脳動脈からの穿通枝分岐部病変」/緒方殉 ほか
2.脳循環障害の画像診断
「甲状腺治療開始後に神経症状の改善を認めた甲状腺機能亢進症合併類もやもや病の一例」/石上晃子 ほか
3.脳卒中の治療技術
「脳血管疾患に対するガンマナイフ治療」/森久恵
4.知って得するワンポイントアドバイス
「一過性脳虚血発作患者における拡散強調画像の意義と落とし穴」/里見淳一郎 ほか
5.ジャーナルレビュー
「SPARCLサブ解析:脳卒中およびTIA患者における高用量アトルバスタチンと心房細動発症リスク」/藤井修一 ほか
6.ジャーナルレビュー
「急性期スタチン療法と脳梗塞発症後の生存および機能予後改善との関連:北ダブリン住民脳卒中研究」/長谷川泰弘
7.ガイドラインレビュー
「脳卒中の一次予防(AHA/ASAガイドライン)」/中森正博 ほか