« バックナンバーへ戻る

脳と循環2012年5月号(Vol.17 No.2)

脳と循環

2012年5月号(Vol.17 No.2)

【特集 治療可能時間の延長に挑む】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○座談会
 「ペナンブラと治療可能時間の昨日・今日・明日」
 司会・峰松一夫/ゲスト・豊田一則/佐々木真理/坂井信幸
○特集
・ペナンブラを画像化する
 1.Diffusion-Perfusion Mismatch/工藤與亮
 2.迅速ガスPET検査にむけて/飯田秀博 ほか
血栓溶解薬と治療可能時間/中川原譲二
脳保護療法の併用/阿部康二
血管内治療とその治療可能時間/江頭裕介 ほか
超音波併用血栓溶解療法の原理と未来/古幡博

【連載】

1.脳循環障害と病理/緒方絢 ほか
2.脳循環障害の画像診断
 「頭蓋内主幹動脈に多発性狭窄を伴い脳梗塞を繰り返したprimary angiitis of the central nerve systemの一例」福田真弓 ほか
3.脳卒中の治療技術
「Penumbraシステム」/滝川知司 ほか
4.知って得するワンポイントアドバイス
「脳虚血以外の拡散強調画像高信号病変」/浅利まみ ほか
5.ジャーナルレビュー
「2型糖尿病/メタボリック症候群を合併する脳卒中患者における,脳卒中・心血管イベント発症のリスクについての検討:SPARCL二次解析」/牧原典子 ほか
6.ジャーナルレビュー
「若年および高年の心房細動患者におけるダビガトラン2用量とワルファリンの出血リスクの比較:長期抗凝固療法のランダム化比較試験(RE-LY試験)の解析」/矢田健一郎 ほか
7.ガイドラインレビュー
「脳静脈血栓症(CVT)の診断と管理:AHA/ASAからヘルスケア・プロフェッショナルへの声明」/高橋愼一