« バックナンバーへ戻る

脳と循環2014年1月号(Vol.19 No.1)

脳と循環

2014年1月号(Vol.19 No.1)

【特集 脳卒中リハビリテーション―臨床の実際と最先端医療―】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○座談会
 「脳卒中リハビリテーションのこれからの展開」
 司会・井林雪郎/ゲスト・水間正澄/半田一登/中村春基/深浦順一
○特集
脳卒中リハビリテーションの医療制度/石川誠
脳卒中回復期リハビリテーションの実際/酒向正春
脳卒中装具療法の実際/浅見豊子
脳卒中のロボティクスリハビリテーション①/平野哲 ほか
脳卒中のロボティクスリハビリテーション②/島田洋一
脳卒中患者の摂食・嚥下障害について/大沢愛子 ほか

【連載】

・脳循環障害と病理/緒方絢 ほか
・脳循環障害の画像診断
「急性期脳底動脈閉塞に対しMerciリトリーバーによる血栓回収術後,遅発性に狭窄を来たした一例」濵由香 ほか
・脳卒中の治療技術
「脳梗塞急性期の抗血小板療法」/山上宏
・知って得するワンポイントアドバイス
「脳卒中患者におけるBNPの意義」/芝崎謙作 ほか
・ジャーナルレビュー
「Interventional Management of Stroke(IMS)Ⅲ試験
 急性期脳梗塞に対するt-PA静注後の血管内治療とt-PA静注単独治療との比較試験」/山上宏
・ジャーナルレビュー
「クロピドグレルとアトルバスタチンを頸動脈ステント直前に内服することで脳虚血イベントを予防する―ARMYDA-9 CAROTID研究―」/伊苅裕二
・ガイドラインレビュー
「AHA/ASA急性虚血性脳卒中患者の初期治療ガイドライン2013」/平野照之