« バックナンバーへ戻る

脳と循環2015年1月号(Vol.20 No.1)

脳と循環

2015年1月号(Vol.20 No.1)

【特集 脳と循環の20年】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○座談会
 脳卒中診療と研究―これまでの20年,これからの20年―
 峰松一夫/山田和雄/棚橋紀夫/井林雪郎
1.総論:20年を振り返って~日本脳卒中協会,t-PA,そして脳卒中対策基本法/山口武典
2.脳卒中の疫学と予防/賣豆紀智美 ほか
3.脳卒中と神経内科,脳血管内科/豊田一則
4.脳卒中と脳神経外科/小笠原邦昭
5.脳卒中と脳血管内治療/吉村紳一
6.脳卒中とリハビリテーション/大高洋平/里宇明元

【連載】

○脳循環障害と病理
 心房細動例の脳塞栓予防を目的とした左心耳閉鎖/緒方絢 ほか
○脳循環障害の画像診断
 頭部回旋と嚥下運動により内頸動脈が移動し,舌骨との接触によって内腔に血栓を生じることで一過性脳虚血発作を繰り返した一例/徳永敬介 ほか
○脳卒中の治療技術
 新しい脳血栓回収デバイスとその適正使用/坂井信幸 ほか
○知って得するワンポイントアドバイス
 脳血管障害慢性期の降圧目標についての最近の考え方/棚橋紀夫
○ジャーナルレビュー
・一過性脳虚血発作後の短期および長期脳卒中リスクを予測するスコアとしてABCD3スコア,ABCD3-ⅠスコアはABCD2スコアより有用である/清原卓也 ほか
・日本人肥満メタボリック症候群患者を対象とした長時間作用型AT1受容体拮抗薬の有効性に関する遠隔医療データ収集システムを用いた検討(FUJIYAMA試験)/中元秀友
○ガイドラインレビュー
 女性における脳卒中予防ガイドライン アメリカ心臓協会/アメリカ脳卒中協会からの医療専門家のためのガイドライン/下畑享良/西澤正豊