« バックナンバーへ戻る

Frontiers in Parkinson Disease2013年8月号(Vol.6 No.3)

Frontiers in Parkinson Disease

2013年8月号(Vol.6 No.3)

【座談会 MDSの新しいEBM Review Update(2011)をどう読むか?】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Round Table Discussion(座談会)
 MDSの新しいEBM Review Update(2011)をどう読むか?
 服部信孝/伊東秀文/斎木英資/前田哲也
○Controversies(誌上ディベート)
Braak仮説をα-シヌクレインの細胞間伝播で証明できるか?
 ・YES/長谷川成人
 ・NO/村山繁雄/齊藤祐子
○パーキンソン病のVisual View
 ドパミンシステムと報酬/小林俊輔
○パーキンソン病診断のコツとPitfall
 失行(Limb apraxia):診察のポイント/河村満
○Focus―パーキンソン病 基礎・臨床論文を読み解く―
・基礎/村松慎一
・臨床/関守信/鈴木則宏
○Forum Report 第54回日本神経学会学術大会 ランチョンセミナー
 徐放性製剤を用いたパーキンソン病の治療戦略/波田野琢
○Pramipexole Clinical Report
 うつ病症状が先行したパーキンソン病にプラミペキソールを投与し、著効するも衝動抑制障害がみられた症例/山口裕介 ほか
○施設紹介
 リハビリテーション花の舎病院/近藤智善
○パーキンソン病診療Q&A
 パーキンソン病と認知機能低下/太田晃一