« バックナンバーへ戻る

Frontiers in Parkinson Disease2015年5月号(Vol.8 No.2)

Frontiers in Parkinson Disease

2015年5月号(Vol.8 No.2)

【座談会 パーキンソン病に対するリハビリテーションの有効性を考える】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Round Table Discussion(座談会)
 パーキンソン病に対するリハビリテーションの有効性を考える
 鈴木則宏/林明人/中馬孝容/高橋一司
○Controversies(誌上ディベート)
「DaT-scanがあればMIBG心筋シンチグラフィは必要ないか?」
「必要」とする立場から/石井賢二
「不要」とする立場から/織茂智之
○パーキンソン病のVisual View
 ミトコンドリア品質管理とパーキンソン病/佐藤栄人 ほか
○パーキンソン病診断のコツとPitfall
 NBIAとパーキンソン病の鑑別/隅寿恵
○Focus―パーキンソン病 基礎・臨床論文を読み解く
・基礎/上村紀仁
・臨床/山城一雄
○クリニック紹介
 押木内科神経内科医院/永井明彦/永井博子
○パーキンソン病診療Q&A
 パーキンソン病に対するSCS(脊髄刺激療法)の有効性について/馬場康彦 ほか