« バックナンバーへ戻る

Headache Clinical & Science2012年11月号(Vol.3 No.2)

Headache Clinical & Science

2012年11月号(Vol.3 No.2)

【座談会 群発頭痛治療の最前線】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Expert Discussion―座談会―
 群発頭痛治療の最前線
 荒木信夫/今井昇/小川果林/島津智一
○Featured Literature―注目の論文―
 ・MRIを用いた発作性片頭痛と慢性連日性頭痛における疼痛調節神経核の鉄沈着所見/古和久典
 ・群発頭痛における三叉神経侵害受容系の片側性の中枢性促通/濱田潤一
○Debate in Journal―誌上ディベート―
 片頭痛性めまいは存在するか
 ・総括:濱田潤一
 ・めまいは片頭痛の合併症である/福武敏夫
 ・めまいは片頭痛の合併症ではない/永田栄一郎
○Pitfall & Solution―頭痛診療におけるPitfallと解決策―
 一次性頭痛に紛れる身体表現性頭痛の診断と治療は?/端詰勝敬
○Listen to the Great―インタビュ―
 山口三千夫/聞き手:立岡良久
○Visual View―画像で見る頭痛診療―
 片頭痛発作時のASL MRI/加藤裕司
○Trends in Headache―頭痛をめぐる諸問題―
 米国頭痛学会参加報告―Asian Pacific Joint Symposiumで発表の機会をいただいて―/清水利彦
○Headache Treatment Q&A―頭痛診療Q&A―
 ・下垂体手術後に時々生じる難治性の頭痛の原因は?また,治療は?/深見真二郎 ほか
 ・婦人科を受診する頭痛患者にはどのようなものがあるか?/稲垣美恵子
○Wonder of Headache―頭痛の不思議―
 平安時代の「偏」頭痛/松谷学
○Forum Report―フォーラム・レポート―
 ・Migraine Scientific Seminar2011
 ・第53回日本神経学会学術大会