« バックナンバーへ戻る

Headache Clinical & Science2014年11月号(Vol.5 No.2)

Headache Clinical & Science

2014年11月号(Vol.5 No.2)

【座談会 三叉神経自律神経性頭痛の分類と治療】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Expert Discussion―座談会―
 三叉神経自律神経性頭痛の分類と治療
 鈴木則宏/濱田潤一/海野佳子/菊井祥二/西郷和真
○Featured Literature―注目の論文―
前庭性片頭痛患者における異常な視床機能/今井昇
FHM1を引き起こすカルシウムチャネル遺伝子変異によって生じたシナプスの機能増強/柴田護
○Debate in Journal―誌上ディベート―
 中頭蓋窩のくも膜嚢胞(arachnoid cysts)は手術が必要か
 ・総論総括:平田幸一
 ・くも膜嚢胞は手術を検討すべきである/松村明 ほか
 ・くも膜嚢胞は経過観察でよい/大塚邦紀 ほか
○Pitfall & Solution―頭痛診療におけるPitfallと解決策―
 片頭痛の誘因としての光刺激,音刺激にどう対処するか~光の処方箋/辰元宗人
○Listen to the Great―インタビュー―
 髙橋和郎/聞き手:竹島多賀夫
○Visual View―画像で見る頭痛診療―
 眼筋麻痺性“片頭痛”/藤田信也
○Trends in Headache―頭痛をめぐる諸問題―
 Headache Master School Japan(HMSJ)報告/竹島多賀夫 ほか
○Headache Treatment Q&A―頭痛診療Q&A―
雷鳴頭痛の原因は何ですか.治療にはどのようなものがありますか/柴田興一
トリプタンによる薬物乱用頭痛にはどのような特徴がありますか/伊藤康男 ほか
○Wonder of Headache―頭痛の不思議―
 2人の上皇と陰陽師―澁澤龍彥の吉野熊野機構/石川光紀
○Forum Report―フォーラム・レポート―
・地域頭痛医療推進プログラム MCSS2013
・第55回日本神経学会学術大会