« バックナンバーへ戻る

Angiology Frontier2014年12月号(Vol.13 No.3)

Angiology Frontier

2014年12月号(Vol.13 No.3)

【特集 血管内治療と外科的治療 Up-To-Date】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
特集にあたって/宮田哲郎
1.PAD治療総論/宮田哲郎
2.間歇性跛行に対する血管内治療の役割・限界/長島義宜 ほか
3.間歇性跛行に対する外科的治療の役割・限界/三井信介
4.重症下肢虚血に対する血管内治療の役割・限界/白記達也 ほか
5.重症下肢虚血に対する外科的治療の役割・限界/東信良
6.頸動脈狭窄症に対する血管内治療の役割・限界/小泉聡 ほか
7.頸動脈狭窄症に対する外科的治療の役割・限界/脊山英徳 ほか

【連載】

○私の研究
 急性腎障害と動物モデル/土井研人
○学会見聞録
 第57回日本糖尿病学会年次学術集会/井口登與志
○海外文献紹介
・血栓領域/玉置岳史 ほか
・代謝領域/坂本昌也 ほか
・循環器内科領域/渡邉哲 ほか
・血管外科領域/内田恒 ほか
○巻頭カラーグラビア 目でみる血管障害
 脈管疾患に対するバーチャルイメージの応用研究〈Ⅱ〉/正宗賢