« バックナンバーへ戻る

Practice of Pain Management2012年9月号(Vol.3 No.3)

Practice of Pain Management

2012年9月号(Vol.3 No.3)

【特集 痛みを科学する―遺伝子―】

1.Round Table Discussion
 関節リウマチにともなう痛み
 出席者:竹内勤/田中良哉/山中寿/司会:田口敏彦
2.Trend & Topics~痛みを科学する―遺伝子―~
 1.慢性疼痛のエピジェネティクス―痛みによる細胞記憶/成田 年 ほか
 2.遺伝子多型が疼痛治療におけるオピオイド必要量に及ぼす影響/林田眞和 ほか
 3.遺伝子と先天性無痛症/犬童康弘
3.Think about Pain
 連載第1回 痛みとプラセボ効果/赤居正美
4.Interview & Talk
 行岡病院/三木健司
5.Case Report
 ECTが対照的な効果を示したPHNの2症例/米良仁志
6.Forum 学会報告 第41回日本脊椎脊髄病学会
 腰痛の新たな概念―運動器(脊椎)dysfunctionと脳dysfunctionの共存―
 演者:松平浩 座長:田口敏彦
7.Essay【痛みの記憶】
 ある灼熱痛患者の思い出/石井清一
8.Book Review
 ペインリハビリテーション/牛田享宏