« バックナンバーへ戻る

Nephrology Frontier2009年3月号(Vol.8 No.1)

Nephrology Frontier

2009年3月号(Vol.8 No.1)

【特集 糖尿病性腎症治療の現状と展望】

◎特集にあたって/木村健二郎
◎Round Table Discussion
『糖尿病性腎症治療の現状と未来』/司会)木村健二郎/岡 芳知/赤井裕輝/向山政志
◎論文
糖尿病性腎症の現状と今後―オーバービュー―/小川大輔/槇野博史
糖尿病の厳格なコントロールを求めて/笹子敬洋/門脇 孝
糖尿病性腎症の病態と治療のあり方を探る/羽田勝計
糖尿病性腎症の集学的治療の将来―腎機能改善外来の成績から―/海津嘉蔵/山田耕嗣/細川 緑

【連載】

○検尿ノススメ
『糖尿病性腎症と尿沈渣』/横山 貴/堀田 茂/小川哲也/新田孝作
○エッセンシャル・パソロジー
『急性腎傷害(acute kidney injury:AKI)の組織診断』/三井亜希子/清水 章
○腎生理の基礎知識
『尿濃縮・希釈機構(1)尿濃縮・希釈機構の基礎(対向流交換系と増幅系)』/関根孝司
○画像診断―イメージングアプローチ―
『MRIによる腎疾患へのアプローチ(1)』/堀家英之/佐々木環/柏原直樹
○腎研究最前線 Up Date Nephrology
『腎疾患動物モデル(3)高血圧モデル(2)レニン・アンジオテンシン系依存性高血圧モデル』/中野大介/西山佳宏/西山 成

○臨床研究Overview 第1回 SMART
『アンジオテンシン受容体阻害薬(ARB)による2型糖尿病性腎症の抗アルブミン尿薬―バルサルタンとアムロジピンの比較試験―』/宇津 貴
『ARBとCa拮抗薬の腎保護作用比較―SMART試験に学ぶ―』/木村玄次郎
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2009
『東京女子医科大学第四内科学教室』/新田孝作
○第38回日本腎臓学会東部学術大会ランチョンセミナー
○第38回東京糖尿病性腎症セミナー
○The 6th Japan-Korea Nephrology Forum
○The 1st Japan-China-Korea Kidney Conference
○World Topics―海外文献紹介―
・ポドサイトの細胞骨格におけるアンジオテンシンIIシグナルのメカニズム
・AT1 blockerとビタミンDアナログの併用により糖尿病性腎症は顕著に改善する
・IgA腎症におけるステロイドパルス療法による腎生存率の改善
・IgA腎症患者におけるpredonisoneおよびACE阻害薬併用療法とACE阻害薬単独療法の無作為化比較試験
・腎臓の除神経は実験的糸球体腎炎を改善させる