« バックナンバーへ戻る

Pharma Medica2021年2月号(Vol.39 No.2)

Pharma Medica

2021年2月号(Vol.39 No.2)

【特集 関節リウマチの基礎・臨床2021 Update】

特集にあたって/亀田秀人
発症に関与する遺伝子多型と免疫細胞/庄田宏文
関節リウマチ診療における自己抗体の臨床的意義/藤井隆夫
骨びらんの形成と修復の分子機構/横田和浩
関節画像評価の進歩と課題/小倉剛久
重要な合併症である間質性肺病変の病態と管理/槇野茂樹
治療目標である寛解の臨床評価と分子生物学的評価/鈴木勝也 ほか
従来型合成抗リウマチ薬のUpdate/高橋伸典
TNF阻害薬の最新エビデンス/中野和久
非TNF阻害生物学的製剤の最新事情/垂水政人 ほか
JAK阻害薬のJAK選択性と有用性/森信暁雄

【連載】

○Medical Scope
 腎性貧血の発症機序と心不全への進展/有里哲哉 ほか
○インタビュー
 肺原発神経内分泌腫瘍の現状と新たな診療への展望/髙山浩一
○症例紹介~アトピー性皮膚炎編~
 アトピー性皮膚炎様の紅斑から発症し,菌状息肉症の確定診断に至った症例/本田哲也
○その他
 第21回日本肝がん分子標的治療研究会 優秀演題論文集