« バックナンバーへ戻る

THE LUNG perspectives2020年冬号(Vol.28 No.1)

THE LUNG perspectives

2020年冬号(Vol.28 No.1)

【特集 睡眠時無呼吸症候群:基礎から臨床】

序文/木田厚瑞
閉塞性睡眠時無呼吸症候群:精緻医療時代の臨床課題/佐藤誠
睡眠時無呼吸症候群:わが国の現状と課題/陳和夫
組織低酸素がもたらす全身性の病態変化/得能智武 ほか
・全身疾患としての睡眠障害:機序と臨床
 1.閉塞性睡眠時無呼吸と認知機能低下/栁下聡介
 2.心房細動と高血圧/岩﨑雄樹 ほか
 3.脂肪肝の成因/榎奥健一郎
 4.夜間頻尿/菅谷公男
 5.睡眠時無呼吸症候群における緑内障発症リスク/原田高幸
 6.免疫異常/田中進
睡眠呼吸障害における医療連携:現状と課題/篠邉龍二郎
・基礎医学とのダイアローグ
 1.ナルコレプシーの病因研究/本多真
 2.メラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)による睡眠と記憶の調節/伊澤俊太郎 ほか

【連載】

○Medical Topics 第73回
 細胞外小胞研究の現状と展望/原田陽一郎
○最新の医学論文を読みこなそう! 第37回
 生理的な役割を持ったネクローシス型細胞死/今川佑介
○医療と哲学 第64回
 死者とともにあることが強く意識される時代―グリーフケアと日本人(8)―/島薗進
○CPC
 若年男性に発症し急速に進行した胸部原発類上皮肉腫の一部検例/髙橋比呂志 ほか