« バックナンバーへ戻る

大腸がんperspective2019 Vol.4 No.2

大腸がんperspective

2019 Vol.4 No.2

【State of the art 腫瘍免疫研究の最前線】

○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 生検標本における大腸早期癌とdesmoplastic reaction/藤盛孝博 ほか
○Round Table Discussion
 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望
 田中信治/味岡洋一/上野秀樹/斉藤裕輔
○State of the art|腫瘍免疫研究の最前線
特集にあたって/森正樹
免疫チェックポイント阻害薬/中島正夫 ほか
制御性T細胞と消化器癌/竹内美子 ほか
腫瘍特異抗原の同定とその機能/和田尚
腸内細菌と大腸がん/奥村慎太郎 ほか
○Catch Up 分子生物学
解明される癌幹細胞の分裂制御メカニズム/池嶋遼 ほか
大腸癌における1ncRNAの機能/西沢佑次郎 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 大腸ESD専用ナイフの特徴と使い分け/永田信二
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 腹膜播種による閉塞症状に対する、ソマトスタチン・アナログの使い方について教えてください。/野里洵子 ほか
○大腸癌化学療法のトピックス
 日本と各国における大腸がん化学療法の臨床試験グループの比較/室圭
○INTERVIEW|[提供:大鵬薬品工業株式会社]
 切除不能進行・再発大腸がんにおけるTS-1併用レジメンの下痢対策/山田康秀