« バックナンバーへ戻る

がん患者と対症療法2019年 Vol.28 No.1

がん患者と対症療法

2019年 Vol.28 No.1

【特集 緩和ケア病棟が変わる:紹介のタイミングとその後の療養】

平成30年度の診療報酬改定に伴う緩和ケア病棟の役割の転換がやってくる/石原辰彦
○緩和ケア病棟での療養を提案する立場から
 ①胃がん:Medical Oncologistからの提言/佐藤温 ほか
 ②乳がん:緩和的薬物療法を習得しよう/渡辺亨
 ③肺がん:肺がんの個別化治療と終末期緩和ケア/佐々木治一郎
○患者/家族の立場から
 ①体験者:患者が確実に専門的な緩和ケアにつながる仕組みに向けて/天野慎介
 ②遺族:奇跡的な緩和ケア選択/佐々木渉一
 ③体験者:緩和ケア病棟について患者・家族・患者会として思うこと/三好綾
○緩和ケア病棟での療養を担う立場から
 ①診療報酬改定にみる緩和ケア病棟の今後―変わるべきことと変わってはいけないこと―/前野宏
 ②都市の緩和ケア病棟(PCU):パラダイムシフト―移り変わる時代のニーズと緩和ケア病棟の役割―/竹井清純
 ③地域連携システム:在宅緩和ケアを支える地域連携システムの構築/谷水正人

【連載】

○現場で役立つがん看護
 治療期に生じる浮腫のマネジメント/苅安真佐美
○がん患者のための薬物療法講座
 鎮痛薬・症状緩和治療薬:患者さんに上手に使ってもらうには②/龍恵美
○疼痛緩和に必要な画像検査とそのタイミング
 がん患者の痛みを伴う下肢筋力低下には積極的に脊髄圧迫症の可能性を考える/廣橋猛
○リレーエッセイ―“痛み”の周辺から―
 苦痛に寄り添うスキル/佐々木治一郎
○What's New
 一般社団法人全国がん患者団体連合会(全がん連)加盟団体の一覧と概要