« バックナンバーへ戻る

DIABETES UPDATE2018年5月号(Vol.7 No.2)

DIABETES UPDATE

2018年5月号(Vol.7 No.2)

【対談 糖尿病研究の軌跡と将来の方向性―病態機序の解明と臨床応用―】

対談「糖尿病研究の軌跡と将来の方向性―病態機序の解明と臨床応用―」/門脇孝/綿田裕孝
○Basic&Clinical Topics
(基礎)
1.1型糖尿病の新規発症メカニズム:インスリン遺伝子の欠陥リボゾーム産物に対する自己免疫/安武紗良 ほか
2.転写因子NFIAは褐色脂肪細胞に特異的な遺伝子のエンハンサーにおいてPPARγと共局在することで遺伝子発現プログラムを制御する/平池勇雄
(臨床)
1.2型糖尿病患者に対する強化多因子介入による心血管合併症および死亡に対する効果の検証―J-DOIT3:非盲検・ランダム化比較試験/植木浩二郎
2.メトホルミンは未治療2型糖尿病患者の腸内細菌叢を変化させ、治療効果に寄与する/菅原健二 ほか
○糖尿病入門
 糖尿病合併症抑制を目指して―J-DOIT3の結果から―/門脇孝
○コンサルテーション
 サルコペニア、認知症を有する高齢2型糖尿病患者の症例/窪田直人
○SGLT・レッスン
 高齢者におけるSGLT2阻害薬の安全かつ適切な使い方/永野秀和 ほか
○開業医院施設インタビュー
 医療法人糖友会 金子胃腸科内科(岩手県盛岡市)/金子博純
○Forum
 日本糖尿病学会 創立60周年記念シンポジウム 「日本糖尿病学会創立60周年 10年間の進歩と今後の課題」
○Message from Overseas
 EASD2017参加印象記/岡﨑由希子
○Skill Up! コーチング~患者さんとの対話力を磨く~
 第10回 応えかたのバリエーションを増やす/大橋健