« バックナンバーへ戻る

がん分子標的治療2017年9月号(Vol.15 No.3)

がん分子標的治療

2017年9月号(Vol.15 No.3)

【Theme 新世代の分子標的治療】

○State of the art reviews and future perspectives
新世代の分子標的治療
急性白血病/南陽介 ほか
悪性リンパ腫/加藤光次
骨髄腫/花村一朗 ほか
胃がん・食道がん/三梨桂子 ほか
肺がん/林秀敏
乳がん/服部正也 ほか
泌尿器科がん・婦人科がん/高橋俊二
○Round Table Meeting
 新世代の分子標的治療/赤司浩一/小松則夫/土井俊彦/伊豆津宏二
○Cancer biology and new seeds
Hippo経路を標的としたがん治療戦略のパラダイムシフト/諸石寿朗
がん細胞由来エクソソームに発現するインテグリンによる臓器特異性転移/百瀬(前田)采音 ほか
Motesanib(VEGFR阻害薬)は血管内皮細胞PKAを活性化し血管透過性を抑制する/松田道行
ドライバーがん遺伝子陽性がんにおけるがん間質細胞を介した耐性機構/片山量平
○Pharmacogenomics and biomarker
大腸がん組織のFOXP3+ CD4+T細胞サブポピュレーションは炎症の有無により予後を相反する方向に制御する/西塔拓郎 ほか
EGFR T790M変異測定におけるリキッドバイオプシーの利点と限界/和久田一茂 ほか
○Learn more from previous clinical trial
RET肺がんに対する臨床試験/葉清隆
Precision medicineに関する臨床試験デザインの問題点/石岡千加史
○News and Topics
[What's New]
PALOMA-2試験:ホルモン受容体陽性進行乳がんに対するCDK4/6阻害薬の位置づけ/山下奈真 ほか
肝細胞がんに対するレゴラフェニブ/森実千種
1次治療のEGFR-TKI耐性後のT790M変異陽性進行非小細胞肺がんに対するオシメルチニブの有効性/仁保誠治
OAK試験からみるatezolizumabの展望/伊藤健太郎
新任教授紹介
 (話し手)木島貴志/(聞き手)西條長宏