« バックナンバーへ戻る

大腸がんperspective2016年(Vol.3 No.2)

大腸がんperspective

2016年(Vol.3 No.2)

【State of the art 直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけを再考察する】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 SSA/Pの内視鏡診断/佐野亙 ほか
○Round Table Discussion
 大腸癌に対するこれからの低侵襲手術
 渡邉聡明/奥田準二/伊藤雅昭/金光幸秀
○State of the art 直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけを再考察する
特集にあたって/杉原健一
直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけ/絹笠祐介
JCOG0212をどのように読み解くか。臨床への応用。/金光幸秀 ほか
進行直腸癌に対する化学放射線療法と側方郭清の位置づけ/小西毅 ほか
進行直腸癌の画像診断の精度向上に向けて/石原聡一郎 ほか
○Catch Up 分子生物学
Reactive oxygen species(ROS)にかかわるシグナルについて/北原知洋 ほか
低酸素環境に応答する癌細胞のメカニズム/河合賢二 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 BLI(Blue laser imaging)とNBI(Narrow band imaging)の相違と類似性/吉田直久 ほか
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 Q.中心静脈ポートを用いた化学療法中の患者さんで,CTでカテーテルの先端に血栓が認められました。対処法は?/中島裕理 ほか
○大腸癌化学療法のトピックス
 大腸癌肝転移に対する局所治療について(RFA,RI治療を含め)/加藤弥菜