« バックナンバーへ戻る

Locomotive Pain Frontier2014年10月号(Vol.3 No.2)

Locomotive Pain Frontier

2014年10月号(Vol.3 No.2)

【座談会 心理社会的問題を有する疼痛性疾患に関する手術―術前評価と治療について―】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Round Table Discussion 座談会
 心理社会的問題を有する疼痛性疾患に関する手術―術前評価と治療について―
 矢吹省司/田中雅人/西原真理/増子博文
○Lecture レクチャー
 精神科医からみた手術の適応/増子博文
○Special Article 総説
気象痛/佐藤純
インターベンショナル治療と慢性疼痛―パルス高周波法を中心に―/福井聖
○Case Study 症例検討
 プロ野球選手の腰下肢痛に対する診断と治療/加藤欽志 ほか
○Clinical Question Q&A形式で疑問を解決
 Q1 Pain Catastrophizing Scale(PCS)とはどのようなものですか?/岩城理恵 ほか
 Q2 プラセボ効果とはどのようなものですか?/前田吉樹 ほか
○Person 診療・研究の現場より
 東京大学医学部附属病院22世紀医療センター/松平浩
○Column オピオイドを理解する
 オピオイドの副作用対策―退薬症候の評価と対策―/鈴木勉
○Orthopaedic Forum 整形外科領域における様々な話題
 関節拘縮―最新のトピックス―/沖田実 ほか