インタビュー

前編認知症と共に生きる社会

テーマ:認知症と共に生きる社会 前編

認知症研究の第一人者が、
認知症になって伝えたいこと

長谷川 和夫 先生
認知症介護研究・研修東京センター 名誉センター長

現在、65歳以上の高齢者における認知症患者数は約7人に1人の462万人(有病率15%)と推定されており、2025年には約5人に1人が認知症を発症すると予測されています。今後、急増が見込まれる高齢者や認知症高齢者の地域での生活を支える枠組みとして、地域包括ケアシステムの構築が急ピッチで進められるなか、認知症研究の第一人者で、「長谷川式簡易知能評価スケール」の開発者としても知られる長谷川和夫先生は、2017年に嗜銀顆粒しぎんかりゅう性認知症であることを公表されました。わが国における認知症の研究・診療・ケア職育成の先駆者として「認知症と共に生きる社会」を繰り返し提言されてきた長谷川先生に、これまでの歩みを振り返るとともに、認知症の当事者として生きる上で感じている思いを伺いました。

前編を読む

後編認知症と共に生きる社会

テーマ:認知症と共に生きる社会 後編

認知症になっても
安心して暮らせる社会

長谷川 和夫 先生
認知症介護研究・研修東京センター 名誉センター長

認知症研究の第一人者であり、認知症ケアに携わる専門職の人材育成にも尽力されてきた長谷川和夫先生は、2017年に自ら認知症であることを公表した理由を「認知症になっても自分が普通に暮らしていることを知ってもらいたかった」と語ります。認知症対策を巡っては、2019年6月に認知症対策の推進を国の責務と定め、認知症の人が「社会の一員として尊重される社会の実現を図る」ことなどを明記した認知症基本法案が国会に提出され、今後の審議の行方が注目されています。また、2018年にはデイサービス利用中に有償・無償の地域ボランティア活動を行うことが認められるなど、認知症になったら終わりではなく、認知症になっても工夫次第でこれまでと同じように暮らし続けることができますし、できることもたくさんあります。認知症になっても一人の人間として尊重され、その人がその人らしく生きられる社会の実現に向けて何が求められているのか。日々患者と向き合う医療者やケア従事者に向けて、認知症診療・ケアの未来に託す願いを伺いました。

後編を読む

バックナンバー

超高齢社会の終末期医療

2018年9月・11月

テーマ

超高齢社会の終末期医療

髙久 史麿 先生
前編

超高齢多死社会の終末期医療について考える

後編

本人の望む最期を~変わる終末期医療~

がんサバイバーへの支援

2018年12月・2019年1月

テーマ

がんサバイバーへの支援

垣添 忠生 先生
前編

がん患者の疎外感や孤立感、不安や恐怖からの解放を目指して

後編

がんと共に生きる社会を目指して

これからの地域医療

2019年2月・3月

テーマ

これからの地域医療

横倉 義武 先生
前編

超高齢多死社会におけるかかりつけ医の役割

後編

持続可能な地域医療の実現に向けて

在宅医療の本質

2019年4月・6月

テーマ

在宅医療の本質

司会:太田 秀樹 先生
×
迫井 正深 先生
前編

医療に「生活の視点」を

後編

治す医療から支える医療へ

-------- サイドバー、共通テンプレート --------