インタビュー

前編超高齢社会の終末期医療

テーマ:超高齢社会の終末期医療 前編

超高齢多死社会の
終末期医療について考える

髙久 史麿 先生
公益社団法人地域医療振興協会 会長 / 日本医学会 前会長

世界に類を見ない高齢化が進むと同時に年間約130万人が亡くなる「超高齢多死社会」の到来により、終末期医療に対する関心が高まっています。医療界では2000年代に入り、さまざまな学会が終末期医療の在り方についてガイドラインなどで取り上げるようになったほか、2018年3月には厚生労働省も終末期医療に関するガイドラインを11年ぶりに改訂しました。一方、市民の間でも「終活」に代表されるように、自らの人生の締めくくりに対する関心が高まるなど、これまでタブー視されていた死に対し、医療者と市民の双方に変化の兆しが現れています。超高齢多死社会においてはどのような終末期医療が求められるのか、医療・ケア関係者はどのように患者や家族に寄り添っていけばよいのか――。
日本医学会 前会長の髙久史麿氏に、前編では終末期医療を巡る現状や課題について、後編ではご自身の死生観も交え、終末期医療の在り方に関する私見をお話しいただきました。

前編はこちら
-------- サイドバー、共通テンプレート --------