<< 一覧に戻る

Googleカレンダーに登録 このページを印刷する

医薬品安全管理研修会2023

ウォッチリストに追加(要ログイン)

ログインすると大会をウォッチリストに登録できます。
新規会員登録はこちら

ログイン

大会長

大谷 壽一 (おおたに ひさかず)
慶應義塾大学医学部病院薬剤学教室教授/慶應義塾大学病院薬剤部長

大会ウェブサイト

http://www.iarmm.org/J/Drug2023/

大会テーマ/大会からのメッセージ

厚生労働省では、医療提供施設における医薬品安全管理の更なる向上を目指して、医療法、同施行令などに基づき、医薬品安全管理を推進する医薬品安全管理責任者制度やその知識・技術の普及啓発を目的とした医薬品安全管理研修などの対策を推進してきました。
本学会においても、医療提供施設における医薬品安全管理責任者をはじめとする薬剤師や関連の医療従事者の皆様に活用して頂ける知識・技能に関する資料を提供する必要性を認め「医療技術安全教育」の中に「医薬品安全管理研修会」を設置し、全国から多数の参加者を得て研修会を開催してきました。
厚生労働省により年2回開催が指定される研修会に対し、本学会では2日連続開催として遠方からの参加者の便に配慮してきました。特に近年では、COVID-19の感染拡大を受け、遠隔での研修を提供しています。
医薬品の安全管理は、狭義の医薬品安全、すなわちヒューマンファクター等に起因する医薬品に関連した医療事故等の防止と、医薬品情報を正しく活用した医薬品適正使用の推進が両輪となってはじめて推進されます。したがって、医薬品安全管理責任者にあっても、これら2つの側面から医薬品安全を実践していかなければなりません。とはいえ、医療事故の防止と医薬品適正使用の推進は必ずしも独立したものではなく、その両方に密接に関連した内容も少なくありません。
そこで本年は、医薬品に関連した医療事故の防止と医薬品適正使用の両方を包括し、かつ実践的な内容をご提供すべく、「医薬品安全と医薬品適正使用の実践」と題して研修会を企画いたしました。また、すでに医薬品安全管理責任者や医薬品の安全管理体制に関する制度が導入されて一定の期間が経過していることから、安全管理体制の枠組みや理念、概念などは十分に浸透しているものと推察しました。そこで本年は、抽象的、網羅的な説明は最小限にとどめ、より実例、具体例に基づいた実践的な内容を提供できればと考えました。医薬品の安全確保には、狭義の安全工学的アプローチはもちろん、ヒューマンファクターの理解、患者との人間関係、医薬品適正使用のための情報の活用、副作用の回避、早期発見、対処、AIなど先端技術の活用など、非常に多くの側面からのアプローチが必要です。また、医薬品安全の推進には、薬剤師のみならず、医師、患者、製薬企業などさまざまな方々からの視点が役に立ちます。今回の研修会から、少しでも医薬品安全の推進に関して新たな側面を発見して、適正使用の推進に役立てていただければ、企画者として望外の喜びです。
多くの皆様の参加をお待ちしております。

アクセス

主会場:
Web開催

当ページは、各学会事務局への調査票等を基に作成しています。参加をご検討される際は、事前に学会ウェブサイトで最新の情報をご確認ください。

M-Review学会カレンダーへの学術集会・研究会等の掲載をご希望の方は、情報提供フォームか、お問い合わせフォームより情報をお寄せください。(ご希望に沿えないこともございますので、その場合は何卒ご了承ください。)