<< 一覧に戻る

アンチエイジングからスタチンを考える

脳年齢に対するアンチエイジング―スタチンに期待されること

里直行篠原充栗波仁美島村宗尚森下竜一

Anti-aging Science Vol.3 No.2, 14-18, 2011

はじめに
 認知症は高齢化を迎えている現代社会において増加の一途を辿っている.20年後には300万人を超えると試算されており,その予防・治療法の開発が待たれている.認知症の内訳は,アルツハイマー病(AD)が最も多く,脳血管性認知症,レヴィー小体病,前頭側頭葉変性症などがある.アルツハイマー病(AD)の治療法はコリンエステラーゼ阻害薬,NMDA受容体拮抗薬が現在,臨床で一般使用可能であるが,対症療法ではある.現在,ADの原因はベータ・アミロイド(Aβ)の蓄積であるという仮説に基づいたAβ切断酵素阻害薬やワクチン療法などのDisease Modifying Therapy(根本的治療法)が開発され,臨床試験中である.しかしながら,ADの予防薬・治療薬の確立には副作用の克服を含めてまだまだ課題が残されている.一方で近年,ADと生活習慣病の関係も注目されており,そこから予防・治療法の戦略が見出される可能性も指摘されている.本稿では,ADの予防法・治療法の開発と現況を述べ,脳卒中およびADに対するスタチンの有効性について述べる.

Key Words
●アルツハイマー病 ●脳血管性認知症 ●ベータ・アミロイド ●分子制御 ●予防

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る