<< 一覧に戻る

Complication Commentary 筋ジストロフィー診療における合併症マネジメント

筋ジストロフィーの嚥下障害・胃瘻

山本敏之

MD Frontier Vol.1 No.3, 34-38, 2021

筋ジストロフィーの嚥下障害は,嚥下関連筋の筋力低下や筋萎縮によって現れ,病型によって嚥下障害の合併頻度や重症度,合併時期,特徴が異なる.眼咽頭型筋ジストロフィー,筋強直性ジストロフィー,デュシェンヌ型筋ジストロフィーでは,経過中に栄養失調や誤嚥性肺炎,窒息が現れることがある.筋ジストロフィーの栄養失調の治療に胃瘻は有効だが,患者の生活の質を改善するとは限らないので,その適応については十分に検討する.
「KEY WORDS」嚥下障害,デュシェンヌ型筋ジストロフィー,筋強直性ジストロフィー,眼咽頭型筋ジストロフィー,胃瘻

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る