<< 一覧に戻る

IC Case Study

③妊娠・出産における注意事項について教えてください

清水優子

MG Frontier No.1, 30-31, 2019

重症筋無力症(myasthenia gravis:MG)の妊娠中の疾患活動性について,妊娠中に悪化,軽快,変化なし,はそれぞれおよそ1/3と言われています.MGの母親から生まれた児は,新生児体重や帝王切開のリスクは健常母親と差はなく,妊娠・出産はMGの長期予後に悪影響を及ぼしません.ただし妊娠第1三半期と出産後3ヵ月間はMGの増悪のリスクとなります1-4).また,MG診断後1年から2年の間は病勢が悪化しやすいので,この時期の妊娠は避けたほうが良いという見解もあります3).妊娠・出産に備えて,適切な治療を継続し,MGの病勢を安定させることが非常に大切です.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る