<< 一覧に戻る

Round Table Discussion 座談会

mHNPCへのnew voyage

植村天受鈴木啓悦上村博司鈴木和浩

ESPOIR Vol.4 No.1, 7-15, 2021

現在,ホルモン療法未治療の転移性前立腺癌(mHNPC)に対する新規ホルモン療法薬(ARAT)として,アビラテロン,エンザルタミド,アパルタミドが臨床使用されている。また,現在mHNPCにおいて化学療法薬のドセタキセルの臨床研究が進行中で,今後のさらなる広がりも期待されている。そこで今回は,本誌編集委員の先生方にお集まりいただき,アビラテロンおよびエンザルタミド,アパルタミドに関する臨床試験の話題を中心に,mHNPCに対する薬物療法の現状と将来展望についてご討議いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る