<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

転移性ホルモン感受性前立腺癌に対する診療の多様化

鈴木啓悦木村高弘中村和正松原伸晃

ESPOIR Vol.2 No.1, 9-16, 2019

近年,転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)では治療の個別化のためいくつかの分類が試みられており,集学的治療において局所放射線療法や全身療法の強化の位置づけが盛んに議論され,mHSPCの診療は多様化している。そこで今回は,mHSPC診療のエキスパートの先生方にお集まりいただき,大規模臨床試験のエビデンス,real world dataを踏まえたmHSPCへの対応について,今後の展望も含めてご討議いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る