<< 一覧に戻る

原著論文

ヒト腸管オルガノイドを用いた市販アルコール系製品のヒトノロウイルスの不活性化効果の評価

戸高玲子藤本陽芳賀慧股野麻未杉本真也佐藤俊朗片山和彦

感染制御と予防衛生 Vol.5 No.2, 46-54, 2021

ヒトに感染するノロウイルス(HuNoV)は,腸管細胞に感染し胃腸炎を起こす主要なウイルスである.特に冬季に発生するウイルス性食中毒は,一件あたり数百から数万人の集団食中毒事例を引き起こす.米国の研究グループによる試算によると,世界全体でHuNoV感染症による経済的損失は,年間60億ドル(6兆6,330万円)に達すると見積もられている1).したがって,HuNoVは公衆衛生学的観点からみて,感染制御の必要性が高い病原体と認識されている2)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る