<< 一覧に戻る

特集 サルコペニア肥満

特集によせて

石井好二郎

日本サルコペニア・フレイル学会誌 Vol.4 No.1, 5, 2020

サルコペニア肥満(sarcopenic obesity)とは肥満とサルコペニアの両者を兼ね備えた状態であると理解されている。しかしながら,サルコペニア肥満の定義や診断基準はいまだ定まっていない。はじめてサルコペニア肥満を提唱したのは1996年のHeberらである。Heberらは306名の肥満者の中で生体電気インピーダンス法(bioelectrical impedance analysis;BIA)により除脂肪量が少ない集団をサルコペニア肥満として定義している。したがって,Heberらは肥満者のなかで相対的に骨格筋量が少ないと考えられる集団をサルコペニア肥満と定義したことになる。その後,多くの研究者がサルコペニア肥満に関する研究を発表したが,サルコペニア肥満の定義と診断基準に違いがあり,サルコペニア肥満者の属性の違いによる混乱が初期の頃より生じている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る