<< 一覧に戻る

Q&A(がん免疫療法 Cancer Immunotherapy)

CRISPER/Cas9法とCAR-T細胞療法について教えてください

小澤敬也

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.3 No.2, 38-39, 2019

ゲノム編集では,特定の遺伝子に二本鎖切断(double-strand break:DSB)を導入し,非相同末端結合(non-homologous end joining:NHEJ)による修復で塩基の挿入や欠失(Indel)を起こす場合と,相同組み換え(homologous recombination:HR)により外から導入した遺伝子配列との交換を起こす場合がある.前者は特定の遺伝子を破壊することが可能であり,技術的に比較的容易である.ゲノム編集治療の多くは,この遺伝子破壊技術を応用したものである.後者は,変異遺伝子を正常遺伝子に修復すること(homology-directed repair:HDR)ができ,遺伝性疾患に対する究極的な遺伝子治療法(ゲノム編集治療)として重要であるが,効率が低く,技術的にはまだハードルが高い.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る