<< 一覧に戻る

Cancer-Immunological Topics

4 複合免疫療法

第1回 複合免疫療法とは:複合免疫療法のコンセプトと種類,分子機序,開発研究

菊池泰弘鳥越俊彦

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.2 No.1, 56-59, 2018

免疫チェックポイント阻害剤(immune checkpoint blockade:ICB)の登場によって,がん免疫療法は手術療法,化学療法,分子標的療法,放射線療法と並ぶ,第4の標準治療となりつつある1).しかしながら,進行がんに対するICB単剤治療の奏効率はがん種によって異なるものの高々10~30%程度であり,膵臓癌や直腸癌のように極めて奏効率が低いがん種もある2–4).このような単剤治療の限界を超えるべく,複数の治療法・治療薬を組み合わせて抗腫瘍免疫応答における相乗効果を誘導し,より高い延命効果をもたらすような治療法,これが複合免疫療法である5).本稿では,複合免疫療法の原理,種類,開発状況について概説する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る