<< 一覧に戻る

Q&A(がん免疫療法 Cancer Immunotherapy)

IDO阻害剤について教えてください

大植祥弘

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.2 No.1, 39-41, 2018

Indoleamin 2, 3–dioxygenase(IDO)は,tryptophan 2, 3–dioxygenase(TDO)とともに,必須アミノ酸であるトリプトファン(Trp)代謝のキヌレニン(Kyr)経路における律速酵素です.腫瘍や抗原提示細胞におけるIDOの強発現は,免疫微小環境でのTrpの枯渇を招き,腫瘍局所に浸潤するリンパ球(tumor Infiltrating lymphocyte:TIL)の細胞疲弊を引き起こします.また,Trpの代謝産物も,TILのアポトーシスやTh1–Th2バランスを変えることが知られています.さらに免疫微小環境における樹状細胞(dendritic cell:DC)のIDO発現は,局所に制御性T細胞(T regulatory cell:Treg)や骨髄由来免疫抑制細胞(myeloid-derived suppressor cell:MDSC)を誘導し,TIL活性を抑制しています.このように,IDOは免疫微小環境で抗腫瘍免疫応答の抑制に深く関与しているため,IDO活性を阻害する薬剤の開発が活発に行われています.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る