<< 一覧に戻る

Skill up for Specialist 正しい施術とトラブル解決を学ぶ

Vol.3 バギーアイリッドに対する施術

佐藤英明

Bella Pelle Vol.6 No.2, 33-36, 2021

下眼瞼の治療を希望して美容外科・美容皮膚科を受診する患者は多く存在する.手術,ボツリヌストキシン製剤,フィラー,再生医療,各種デバイスなどによるさまざまな治療があるが,1 つの治療で満足させることは難しい部位である.受診する際の主訴としては,「クマを治したい」というものが多いが,色によるクマと影によるクマがあり,治療法も異なる.下眼瞼は,加齢に伴い大きく変化する部位である.今回は,下眼瞼のバギーアイリッドに関して説明する.下眼瞼の解剖や加齢変化に伴うメカニズムを理解したうえで治療に臨むことが重要である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る