<< 一覧に戻る

特集 点滴とサプリ

Feature Articles 特集論文 2.日焼け防止とビタミンD不足

田中清桒原晶子

Bella Pelle Vol.4 No.3, 18-22, 2019

ビタミンDは,植物(おもにきのこ類)に豊富なビタミンD₂(エルゴカルシフェロール)と,動物(脂ののった魚など)に豊富なビタミンD₃(コレカルシフェロール)に分けられる.ビタミンは本来体内で合成できないので,必ず食事から摂取する必要があるものだが,ビタミンDは食事からの摂取以外に,紫外線の作用により皮膚で産生するという大きな特徴がある.ビタミンDを産生するのは紫外線のなかでも短波長紫外線(ultraviolet B;UVB)であり,皮膚癌のリスクとして重視される波長と一致する.また通常の生活において,体内のビタミンDの約80%は,皮膚での産生に由来すると考えられている.このため日焼け防止を行うことは,必然的に皮膚でのビタミンD産生を減少させることになり,日焼け防止を行う際には,常にビタミンD不足を念頭におく必要がある.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る