<< 一覧に戻る

BP-Information

たるみ治療最前線

─注入と機器を使用したコンビネーション治療の実際─

石川浩一慶田朋子宮田成章

Bella Pelle Vol.4 No.2, 40-43, 2019

たるみはシミ,シワと並ぶ美容医療の主要な施術対象であり,これまで注入治療や機器による熱治療,外科的手術などで治療が行われてきた.たるみは皮膚の伸展,骨や筋肉,脂肪組織や支持靱帯などの萎縮により生じ,その関連する層の多様性から,従来の治療を組み合わせた「コンビネーション治療」の効果が注目されている.本座談会では,効果的なたるみのコンビネーション治療について,美容医療の最前線で活躍する先生方にディスカッションしていただいた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る