<< 一覧に戻る

特集 顔の小腫瘍

Feature Articles 特集論文 3.炭酸ガスレーザーか,手術か,その他の治療か

─皮膚科の立場から

門野岳史

Bella Pelle Vol.4 No.1, 22-25, 2019

顔の小腫瘍に対して炭酸ガスレーザー(CO₂レーザー)は有効な治療法である.おもにいわゆる“黒子(ほくろ)”である色素性母斑や“疣贅(いぼ)”である脂漏性角化症に用いられることが多いと思われるが,このほか,汗管腫,稗粒腫,眼瞼黄色腫などにも用いられる.本稿では,あくまでも個人的な見解ではあるものの,炭酸ガスレーザーが良いか手術が良いか,またはその他の治療が良いかに関して,述べていきたい.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る