<< 検索結果に戻る

第2回 金の糸の合併症

②MRIは禁忌か?

Bella Pelle Vol.2 No.2, 80-82, 2017

前回は,金の糸の合併症であるアレルギーに関して報告した. 金の糸(Golden Thread Lift)は,1969年にCauxにより報告され, 現在は,2000年にAndres Franco Velascoが報告した,24金でできた6–0の糸と4–0ポリグリコール酸吸収糸の埋入により,肌の若返り目的として行われている.金の異物反応によるマクロファージ増殖,毛細血管の新生,線維芽細胞の増殖,そしてコラーゲン新生が起こると言われている.金の糸の施術を行っているクリニックでは,「時間とともに金の糸はなくなる」,「効果は15年間継続する」,「取りたいときには,簡単に取れる」,「金だからアレルギーは起こらない」,「施術後,レーザーや高周波など他の治療は可能」と説明し,MRIに関しては可能と説明されているか,もしくは説明自体がないことが多かった.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録