<< 一覧に戻る

Listen to the Author 書籍紹介

『敏感肌の診療―スキンケアの指導からタイプ別の治療まで』

漆畑修

Bella Pelle Vol.1 No.1, 62, 2016

「Q 「敏感肌用化粧品」などと,「敏感肌」という言葉が広く使われていますが,皮膚科学用語はでなないのですね.」
そうです.皮膚科の教科書にも載っていません.化粧品の業界で生まれた言葉だと思いますが,今では一般の方はもちろん,皮膚科医も日常診療の場で「敏感肌」という言葉を普通に使っているのが現状です.
「Q 今まで,専門の臨床テキストもありませんでした.」
「敏感肌」という言葉だけがひとり歩きしている現状はよくないと思い,日々患者さんの診療に携わるなかで考えてきたことをこの本にまとめました.「敏感肌」と曖昧に表現されていた症状を私なりに分類していくつかの皮膚疾患に当てはめ,生活指導を含めた具体的な治療法とスキンケアについて述べています.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る