<< 検索結果に戻る

レクチャー「糖尿病患者の外食」:①総論

Lecture「Eating out with diabetes mellitus」:①General remarks

Diabetes Frontier Online 2, e1-002, 2015

「要約」 糖尿病治療において「食事療法」は治療の根幹をなし,患者の自己管理行動に大きく左右されることはご存知の通りです。特に食事療法の実践において「外食」は大きなウエイトを占め,「食事療法を継続するために!」を第一優先で考えた場合,いかにして自分らしく「外食」を食事療法に組み入れ,変化に富んだ食生活を楽しむかが重要になると考えています。外食に共通していえることは,「エネルギーや食塩量が多くなること」と,逆に「野菜が少ないこと」の2つの問題点が挙げられますが,今回は「和食・洋食・中華の特徴を踏まえた注意点」に加えて「外食に行くこと」を前提として,血糖値をどのように管理するか!にポイントを置いた話題を提供します。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録